マイクロストラテジーCEO、個人的なビットコインのガチホ明かす すでに60億円以上の利益








ナスダック上場企業として仮想通貨(暗号資産)ビットコイン投資戦略を明かしたマイクロストラテジーのマイケル・セイラーCEOは、10月28日、個人的にビットコイン1万7732BTC(約246億円)をガチホ(長期保有)していることを明かした。

「何人かがいくら私がビットコインを持っているか聞いてきた。私は1万7732BTCをガチホしている。だいたい平均で9882ドルで購入した。マイクロストラテジーがビットコインを買う前に私のビットコイン購入については知らせたよ」

ビットコイン価格が9882ドルの時、1万7732BTCは約183億円に相当していた。このため、セイラーCEOは約63億円の利益をあげたことになる。

マイクロストラテジーは100年BTCガチホ
マイクロストラテジーは、9月に保有する5億ドル(約520億円)の現金をビットコイン(BTC)に投資すると発表して話題を読んだ。セイラー氏は、CEOのマイケル・J・セイラー氏はかつてアンチ仮想通貨だったが、ビットコインを学習して自身の考えを改めた。とりわけインフレヘッジのための資産としてビットコインに注目し、今では業界を代表するビットコイン支持者になった。

セイラー氏は、先日のインタビューの中で、マイクロストラテジーがビットコインを100年保有する計画であることを明かした。

「みんな長期的な考え方を理解していない。100年後に、私の仕事を引き継ぐ男に雇われる男のために働く男のために、それを買っている」

この記事へのコメント