首の皮1枚で第1関門をクリアしたビットコイン、次の関門は?【仮想通貨相場】









10000ドル割れでWボトム
週末のBTC相場は下に行って来いの展開。週末の1万ドル(106万円)割れから反発、110万円台まで値を戻すも10500ドルを前に上値を重くすると、再び1万ドル割れへ。前回安値水準で反発すると再び110万円台へ戻し、Wボトムを形成、10500ドルを伺っている。金曜日に2月の高値で長らくレジスタンスだった10500ドル(111万円)を割り込むと、4度目のトライで10000ドル(106万円)を割り込んだBTC相場だが、Sushiswapの創業者がFTXに運営権を譲渡、同トークンが切り返し、またファーミングプラットフォームを発表していたBNBなども切り返す中、CMEの先物オープンに向けBTCも110万円に値を戻した。しかし10500ドルを前に上値を重くし、先物も金曜の終値に200ドル足らずで失速、NY休日で目立った材料もない中、今度は10000ドル割れをトライ。しかし9900ドル水準でダブルボトムを付け、110万円台へ反発を見せている。


この記事へのコメント